Windows10に無償アップグレード

今朝、パソコンを起動したら、画面右下に、「無償アップグレードが利用可能になりました」というメッセージが表示されていた。

スクリーンショット 2015-07-31 07.54.27

当然のごとく、さっそくWindows8.1をWindows10にアップグレードすることに。クリックをすれば、

スクリーンショット 2015-07-31 07.56.07

という画面が表示されたので、画面の指示に従ってアップグレードを始めた。microsoftアカウントをもっていたこのもあり、何のトラブルもなく30分ほどで完了した。しかし、windows95の時などは、アップグレードをするのに結構大変だった記憶があるが、なんともはや簡単になったものだ。

再起動後に表示されたデスクトップ画面は、win8のときと比べて、大きな変化はなかったので、壁紙を変えて、画面下のスタートボタンを押してみて納得した。スクリーンショット 2015-07-31 09.45.35

win8は、起動時はデスクトップではなかったが、win10では、デスクトップ画面が起動し、タイル画面はスタートボタンを押せば表示される仕様は使いやすい。

今のところ気に入っているのが、仮想ディスクトップが作れること。目的に応じて、使いこなせば楽しいかもしれない。

スクリーンショット 2015-07-31 13.25.07

その後、VisualBasic2010やOffice2010などを動かしてみたが、とくにトラブルもなく動作しているように思える。しばらくは、windows10を探索して楽しもうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください